水回りリフォーム

設備工事に多数の実績をもつ当社は、水回りリフォームを行う際も、水道の使い勝手や、安全面といった角度からご提案することが可能です。
トイレ、キッチン、浴室、洗面所などは、生活に欠かせない場所。
だからこそ、美しく機能的な空間にしたいものです。
設備を最新のものに変更すれば、家事の時間やバスタイムも、快適に楽しく過ごしていただけます。


◇キッチンリフォームのポイント
【動線設計を考えて】→ 普段のキッチンでの動きを考えて、収納や電子レンジ、冷蔵庫のベストなレイアウトを決めていきます。
【収納スペースの確保】→細々としたものが多いキッチンは、出し入れしやすく、見渡しやすい収納に。スペースの確保が大切です。
【お手入れのしやすさ】→ 汚れが落ちやすい素材や、フラットな形状のものを選べば、お掃除の手間も軽減されます。


◇トイレリフォームのポイント
【水道代も節約!】→10年前のトイレと比べて、なんと1回の水の使用量は3分の1に!最新型に入れ替えて、こまめに節水しましょう。
【スペースを広く】→タンクレスタイプのトイレなら、狭いトイレの空間もスッキリ。収納スペースも確保できます。
【いつでも清潔に】→消臭機能のついた壁紙や、汚れがつきにくい床材、自動洗浄機能付きのトイレなどで、清潔を維持します。


◇浴室リフォームのポイント
【冬場も寒くない】→浴室暖房や、カラリとすぐ乾く床材で、冬場の寒さも解消!危険なヒートショックも予防します。
【安全面も充分に配慮】→ 実は家庭内事故が多い浴室。手すりの設置や、滑りにくい素材で、安心の空間をつくります。
【癒しの空間として】→足を伸ばせる広々とした浴槽や、開放感のある大きな窓、デザインや色使いにも癒しを意識します。


◇洗面所リフォームのポイント
【大容量の収納力】→化粧品や歯ブラシなど、家族全員分スッキリ収納!忙しい朝も取り出しやすく、手間をかけない設計が大切です。
【湿気に強い内装に】→脱衣所や洗濯室としても使う洗面所。湿気に強い床材や壁紙にしておけば、カビや結露を防ぐことが可能です。
【照明やコンセントにも配慮を】→化粧映えを確認できる明るい照明で、身だしなみをチェック。コンセントの数や位置も機能性を決めるポイントです。

一覧に戻る

▲TOPへ